第1回:【新事実】ラクトアイスやアイスミルクより、ダイエットにはアイスクリームが正解!

ジリジリと太陽が照りつける暑い時季のアイスクリームは最高! 
でも、ダイエット中だからガマンしている人も多いと思います。

ところが、アイスクリームはダイエットをサポートする優秀なおやつだったということが発覚! 
これまでの常識をくつがえすおどろきの真事実を、ダイエットエキスパートの和田清香さんが教えてくれました!

監修: 和田清香さん

第1回:【新事実】ラクトアイスやアイスミルクより、ダイエットにはアイスクリームが正解!

低カロリーアイスはダイエットの妨げに!?


カロリー控えめのアイスクリームなら、罪悪感も軽減。
ところが、低カロリーアイスには意外な落とし穴があるといいます。

「カロリーを抑えるために使っている人工甘味料は代謝されにくいといわれています。
さらに、脳が“糖分”であることを認識しないので、満腹感を得られず、どんどん欲してしまうんです。
アメリカでは、普通の炭酸飲料よりも、人工甘味料を使ったダイエット向けの炭酸飲料を飲んでいる人のほうが太っている傾向があるというデータも出ているんですよ」


乳脂肪分の多いアイスクリームのほうがカロリーは低い!


実は、ダイエットに向いているのは、乳脂肪分の多い“アイスクリーム”なのだそう。
「アイスクリームには種類があり、乳成分の量によって大きく4つに分けられます。
ダイエットにもっとも向いているのは、意外にも一番乳脂肪分の多い“アイスクリーム”です。
乳脂肪分の少ない“アイスミルク”や“ラクトアイス”には植物油脂が使われていることが多く、案外高カロリー。
また、植物油脂は体に溜まりやすい性質があるので、ダイエット中なら、なおさら避けたほうがいいでしょう」

[アイスクリームの種類]
◇種類別アイスクリーム
乳固形分15.0%以上、うち乳脂肪分8.0%以上のもの。乳成分がもっとも多く含まれており、牛乳の風味が強い。

◇種類別アイスミルク
乳固形分10.0%以上、うち乳脂肪分8.0%以上のもの。牛乳と同じくらいの乳成分を含んでいるが、植物油脂が使われることもある。

◇種類別ラクトアイス
乳固形分3.0%以上のもの。乳固形分が少なく、植物油脂が使われることもある。

◇種類別氷菓
上記以外のもの。乳固形分はほとんどなく、果汁を凍らせたアイスキャンディーやかき氷などがある。

和田清香さん

体験したダイエット法は250種類以上のダイエットエキスパート! NYで学んだボディケア術、250種類以上のダイエット法を体験して得た知識と分析力、また自身も15kgのダイエットに成功したという経験ももつ。著書多数。

最新刊
着圧ハイウエストレギンス入浴で脚・おなか・ヒップやせ(主婦の友社)

目次

第2回:アイスクリームは、体脂肪になりにくい!
第3回:お風呂上がりにアイス、食事替わりにアイス…はNG!
第4回:ダイエット中の味方♪コンビニやスーパーで買えるおすすめアイスクリーム
第5回:アイスクリームにちょい足しテクでダイエット効果アップ!おすすめトッピン

\サイトの全てが3日間無料
見放題&使い放題!

※サービスご利用の際は利用規約をご確認ください

人気記事ランキング

会員登録はこちら